韓国離島にあるエロスポット「済州ラブ・ランド」

韓国の離島、済州島。
韓国のリゾート地として有名で様々な博物館やテーマパークがあります。
そんな中に「済州ラブランド」というセックステーマパークがあります。
どうかしちゃってんな。

トイレの入り口から卑猥すぎる

「済州ラブランド」、入場料は12,000W(1200円)でした。

多言語で書かれた案内板がありました。
こんなチンポを世界に向けんな。

イメージキャラクター。
名前は知らんけど、インケイくんと大陰唇ちゃんと名付けようか。

入り口ゲートすぐそばのトイレ…。

入り口のドアノブが卑猥です。
対となる性にすることでセクハラ感を増すスタイル。

男子トイレのひとつに覗き穴があって、覗くと…。

嬉野秘宝館的なAVを期待していたのですが
エロっぽいピクトグラムのアニメでした。
僕の亀頭もしょんぼり。

前衛的エロアートの大洪水

「済州ラブランド」には”これでもか!!”とエロアートがあちらこちらにあります。

「世界最大の巨根」という作品。
で、でかい…。

屋内展示もある

屋外展示がメインなのですが、屋内施設もあります。

エログッズが取れるUFOキャッチャーがありました。
日本にもありますしロシアにもこういう感じのUFOキャッチャーありますねぇ。

オナホやらが展示されていました。

期間展も行われています。

「性に関する不埒な想像」…。
日本語チョイスが良いねぇ…。

生活の中にあるエロを人形で表現されていました。
みこすり半劇場的なエロスですけどw

軽食屋の饅頭もチンポ&おっぱい型。

「済州ラブ・ランド」、結構広い施設です。
ぐるっと回るだけでも1時間半くらいかかります。
済州市街地からちょっと足を伸ばせばイケるのでぜひぜひ。

住所:2894−72 1100(Cheonbaek)-ro, Yeon-dong, Cheju, Jeju-do, 大韓民国
営業時間:9時00分~0時00分(0時までやってんの!)

普通の観光地は「バイクでどっかいこ」へどうぞ